システムエンジニアのキャリアアップ!フリーランスとして独立

システムエンジニアを徹底分析

フリーランスとして独立する

フリーランスとして独立する システムエンジニアとして企業に勤めながら働く方法とは別に、独立開業してフリーランスとして働くという方法があります。今回はシステムエンジニアがフリーランスになることのメリットとデメリットについて紹介します。

Javaのスキルを身に付けてフリーランスになろう

現在最も普及しており、需要が多いプログラミング言語のひとつが「Java」です。大規模なプログラミングが可能で、強いセキュリティ性を持つ言語なので、世界中でJavaを利用したシステム作りが進められています。習得する難易度が高いため、需要が多いのに対しJavaを扱えるシステムエンジニアの数が少ないのが現実です。スマートフォンアプリの作成にもJavaは使用されるなど、今後もますます需要が高くなりそうです。フリーランスになった後も安定して仕事を受けやすく、高単価の案件も多くなっていくでしょう。そこでフリーランスを目指す人はJavaの習得を考えてみましょう。Javaをマスターすると、フリーランスのエンジニア向け案件紹介サービスからも仕事を得やすくなります。
例えば業界大手の「レバテックフリーランス」は、Javaを扱う案件を多く用意しています。

レバテックフリーランスでは基幹業務システム、Webオープンシステム、スマートフォンアプリなどの高額案件を紹介しています。

Javaの求人一覧

またクライアント直案件に特化した「ハッピーエンジニア」でもJavaのクライアントの直案件を数多く扱っています。

ハッピーエンジニアではJavaの技術や経験を活かしたい人材、スキルアップを目指す人材を広く募集しています。

Javaの求人一覧

「グッドワークス」もおすすめの案件紹介サービスです。

グッドワークスではJavaのスキルが高い人材へ基幹システム開発依頼など、高単価の様々な案件を扱っています。

Javaの求人一覧

フリーランスになるメリットとは

「正社員」というと、安定した地位、ボーナスや有給の支給、社会保険の充実など、様々なメリットが思い浮かびます。その一方でいつ会社を解雇されるか分からない不安や安い給料、残業の多い生活など、過酷な労働環境を強いられている正社員がいるのも事実です。自分の持っているスキルと現在の会社の待遇や仕事内容が釣り合わないと考えた場合は、独立して「フリーランス」として働きましょう。
フリーランスになるメリットのひとつが「高い報酬」です。システムエンジニアとしての実力と価値が認められれば、クライアントは高い報酬を払って仕事を任せようとするでしょう。またフリーランスになれば自分で仕事を選ぶことができるため、生涯現役のシステムエンジニアでいることも可能です。職場や勤務時間も自分の希望で決めることができますので、海の近くや海外など、自分が生活をしてみたい場所で仕事を続けることもできます。

フリーランスになるデメリットとは

フリーランスになると仕事を自由に選べるメリットがありますが、仕事が来ないと選ぶこともできず、そもそも生活もできません。安定した仕事が来る保証がないというのがフリーランスの最大のデメリットと言えるでしょう。安定した仕事を得るためには、システムエンジニアとしてのスキルに加えて、人脈の広さや社交性などコミュニケーション能力も必要になります。開発だけに集中したい人はフリーランスになるよりも企業に勤務し続けるほうが良いかも知れません。
またフリーランスになると、社会的な信用は低くなります。住宅ローンを組む時、カードを作る時など「審査」が通りにくくなります。また同じように個人よりも企業に属する人を信用しがちな大手の企業から大きな仕事を任される機会が減る可能性もあります。